photo1 photo2 photo3

持続可能な日本産農林水産物の活用推進協議会(略称:日本産推協議会)とは

今日、日本の農林水畜産物が、国内外で注目されています。和食は世界遺産となり、ミラノ万博では日本の食や木造建築が高く評価されました。また、 日本を訪れる多くの外国人観光客は日本の農林水畜産物や食文化を味わい、歴史的建造物をはじめとする美しい木造建築で形作られた街並みを楽しんでいます。
とりわけ、2020年には東京でオリンピック・パラリンピックも開催され、ますます日本の農林水畜産物への注目が高まることが予想されます。このため、 日本文化と豊かな味わいを有する日本産農林水畜産物を消費者に永く楽しんで頂くことを目指し、関係者一体となった持続可能な日本産農林水産物の活用推進協議会が組織されました。
主な活動はこちら

NEWS

2016-05-31
2016-05-31
2016-04-15
2016-03-07
2016-03-02
2016-03-02
2016-01-20
2016-01-06
ホームページ公開

キーパーソンズインタビュー

インタビュー

事務局

アジアGAP総合研究所

理事団体

特定非営利活動法人水産資源回復管理支援会
一般社団法人大日本水産会
公益社団法人中央畜産会
一般財団法人 日本GAP協会
一般社団法人 日本食育者協会
一般社団法人 緑の循環認証会議
一般社団法人RMA