目的と活動

目的

日本文化と豊かな味わいを有する日本産農林水産物を消費者に永く楽しんで頂くことを目指し、認証などによって、安全・安心で持続可能性が確保された日本産農林水産物の活用を推進し、その魅力を国内外に広めることを目的とします。

活動

1. 次に掲げる諸課題について関係者の知識及び経験を広く活用して協議し、関係各所に向けて働きかけていきます。
(1)国際会議、国際文化・スポーツイベント、国際展示会・見本市等の国際的なイベント等において、認証などによって、安全・安心で持続可能性が確保された日本産農林水産物が活用されることを促進すること
(2)国際的なイベント等において、農林水産物の調達基準が定められるような場合には、日本産農林水産物の魅力が十分に表現され、安全・安心で持続可能性が確保された調達基準となるよう、関係各所および一般へ広く情報提供を行うこと

2. 会員間の連携及び情報共有を図ります。

3. その他目的を達するために必要な活動を行います。